知ってはいけない世界の秘密

都市伝説とは考えにくい...どう捉えるか判断はご自由に☆

健康と元気は全く違うもの!?医者いらずの食

「治す」「治る」ということは、本質的にいえば
病院に通院しなくなってもいい状態のことであり、
患者自身が気にしなくてもよい状態にまでなった事。

そうした意味では、現代医学は決して病気を治せないのである。
これが世の中でよく言われる「生活習慣病慢性疾患や難病は、
現代医学では一切治せない」ということの根幹なのだ。

生活習慣病慢性疾患や難病に人々がなぜなるのか、
そしてそれらを治癒に導くためにはいかなる考え方や食べ方をすればいいのか。
常に勉強と研鑽を続け、自分に合った健康の方法を模索してもらうことが
最も重要だと思う。

現代医学は病気を治すという仕事をほとんど果たしていない。
本当の意味での医学は、たしかに人の命を助けるためのものであり、
科学でもあると思う。けれど、現代においてその科学は完全に
歪められて人を治すものではなくなったと言えるだろう。
なぜなら悪くしないと儲からないし、死人が出ないとビジネスとして
成り立たないからだ。現在アメリカなどの先進各国において
西洋医学離れが起こっているのは偶然ではない。

発展途上国といわれる国々の一部が、日本よりも幸福度が高いのも
決して偶然ではない。日本の医療費は日本を破綻んさせる状況まで迫っており、
この対策を行うための基本はまさに食にこそある。

また、これは食に対してもいえるが、では食を治せばすべてが
治るかといえばそうではない事も、一度考えいただければと思います。

仮に食が医療に取り込まれるようになれば、それは...実に悲劇である。
それは食も含めて人々が医学にそうしてほしいと錯覚しているだけにしかすぎない。

今や医学の世界では精神医学を筆頭に、医学が医学を通り越して、
世界中のいろんな問題を解決して、世界に幸福をもたらさねばならないかのような
風潮が、あらゆる分野に浸透している。

このように社会的な様々な問題を医療が解決できないにもかかわらず、
医療で解決できると考える概念を「医療化」と呼ぶが、
食が医療に取り込まれてしまえばそれもまた「医療化」になりかねない。

医療や医学はもっと縮小して存在すべきであり、医者が主導して
行うものではないことを念頭に置くべきだ。自分で必ず色んなことを調べてほしい。

それは専門家ではないというのは単なる逃げにしかすぎず言い訳にしかすぎない。
医学の危険性や嘘について調べよう。食の危険性についても調べよう。
現代は著書もネット情報も豊富であり、調べようとすればすぐに調べられる
時代になっている。調べない限り必ず不健康になり不幸になる、
まさにそういう時代になっているのだ。

医者いらずの食より抜粋)

 

11種類の休息成分配合で毎日ぐっすり!|ネムリス-nemlis

水や牛乳を加えて混ぜるだけ。簡単グリーンスムージー

福岡で生まれたおいしい美容液「毎日酵素」

 

広告を非表示にする