知ってはいけない世界の秘密

都市伝説とは考えにくい...どう捉えるか判断はご自由に☆

携帯電話に脳腫瘍リスク

因果関係の可能性-WHO(時事通信)
携帯電話電磁波、がん危険性もWHO組織が初めて指摘(共同通信)
携帯電話からの電磁波、がん誘発も国際がん研究機関が調査(ブルームバーグ)
携帯電話脳腫瘍の可能性?危険度コーヒー並み(読売新聞)

リスクを回避するには

1).できれば、1日に30分以上は使用しない。

2).頭から、できるだけ離して使う。

3).使っていない時は、電源をオフにする。

4).ヘッドセット、またはスピーカーにして使う。

5).通話よりも、メールにする。

6).携帯電話の電波が届きにくいところでは、使用しない。

7).できるだけ、子どもには使わせない。

8).携帯電話を買う時に、SAR(比吸収率)が
どれくらいなのか確認して、できるだけ低いものを買う。


いかがでしたか?

以上が携帯電話の使用で脳腫瘍になるリスクと、
それを回避する8つの方法でした。

携帯電話は、今では生活必需品ともいえるものです。
ですが、使用し過ぎは、脳腫瘍といった
恐ろしい結果を招きかねません。

とくにお子さんには、十分気をつけてあげてくださいね。

 

11種類の休息成分配合で毎日ぐっすり!|ネムリス-nemlis

水や牛乳を加えて混ぜるだけ。簡単グリーンスムージー

福岡で生まれたおいしい美容液「毎日酵素」

 

 

 

広告を非表示にする