知ってはいけない世界の秘密

都市伝説とは考えにくい...どう捉えるか判断はご自由に☆

Noaladio 鎮痛剤を使わない生理痛改善法

Noaladio 鎮痛剤を使わない生理痛改善法

 

28歳の女性でOL、生来頭痛持ちだが仕事で責任ある立場になった後から、
頭痛が毎日起こるようになった。仕事が忙しいため医師にかかる時間もなく、
市販の薬局で一般的な解熱鎮痛薬を買って内服していたが、
一時的にしか効かず徐々に飲む量が増えていった。
結局飲んでもほとんど効かなくなってきて医師にかかり、
ワンランク強い鎮痛剤を処方された。
しかし患者はそれとは別に市販の鎮痛薬も種類が違うからと、
痛い時にセットで飲んでいたのである。
そんな飲み方をしていて体を壊すのも当然時間の問題、
ストレスもあってか胃がもたれて食欲は低下し、
足はむくみ、そのうえ頭痛もやっぱり治まらないという悪循環に陥ってしまった。

皆さんの周りにこういうアクティブだが「危険」な女性、いないだろうか。
現代社会ではありふれた話かもしれないが、これは立派な「鎮痛剤中毒」である。
鎮痛剤には常用すると依存性があり、効果がでなくなってくる。
そして常用したり量を多くして飲むようになるとさらに効かなくなり、
いろんな副作用がでてくるのだ。
その副作用とは胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎不全、
体温調節障害(解熱薬であるため)、喘息の悪化などさまざまであり、
軽いものでも浮腫、めまい、胃もたれ、逆に頭痛が悪化する例もみられる。

このケースは漢方の頭痛薬を使い鎮痛薬を減らしていったが、
最初はつらかったが、徐々に依存性がほどけて頭痛は改善していった。
また漢方が鎮痛剤ほど強くない薬であるからこそ、
ついに患者は仕事の無理を考えるようになった。
一言でいえば休めるようになったのである。
この場合漢方薬がどこまで効いているかは定かでないが、
一番大事なのは頭痛を起こすもとを本人が考えるようになったこと、
そして鎮痛剤ばかりに頼らなくなったことである。
これはこれで社会に蔓延する一つの薬漬けであり、薬物中毒である依存症である。

 

- 某記事より抜粋 -

blog:知ってはいけない世界の秘密
youtube:Noaladio 鎮痛剤を使わない生理痛改善法

 

11種類の休息成分配合で毎日ぐっすり!|ネムリス-nemlis

水や牛乳を加えて混ぜるだけ。簡単グリーンスムージー

福岡で生まれたおいしい美容液「毎日酵素」

広告を非表示にする