知ってはいけない世界の秘密

都市伝説とは考えにくい...どう捉えるか判断はご自由に☆

食と健康の秘密

野菜に含まれる栄養価の減少

以下の資料から要旨の引用です。
http://shokuji.web.fc2.com/eiyokagensho.html

「昨今の野菜に含まれる栄養素の量は、驚くべき減少を示している。
科学技術庁の発表した「日本食品標準成分表」を見てみると、
ほうれん草のビタミンC含有量は、1963年(昭和38年)100mg/100gだったのが、
2000年(平成12年)には35mg/100gまで減っている。実に3分の1以下である。
野菜の栽培方法や収穫時期等によっても数値は変わってくるが、
栄養素が激減している事は間違いない。ほうれん草の鉄分含有量を見ても、
1951年に比べて50年後には6分の1以下になっている。

化学肥料の開発や栽培技術の近代化に伴って、
虫も食わない形の揃った綺麗な野菜が太陽光も浴びず短期間で育てられ、
一年中収穫が可能になった。近所のスーパーへ行けば綺麗な
野菜がいつでも手に入るのである。便利さと引き換えに大切なものを失ったのだ。」

■補足
陽光も浴びず短期間で育てられ・・・野菜工場で作られた野菜に、
ビタミン・ミネラルが少ないのは当然である。現代の贅沢は、
自分の食べる野菜の大半を、昔と同じ方法で作っている農家から分けて貰うか、
家庭菜園をすることである。

100グラム当り... ビタミンC変化
       昭和38年  平成12年
ほうれん草  100㎎    35㎎
大 根     90㎎    12㎎
かぼちゃ       20㎎    16㎎
その他カルシウム・鉄分などのデーター次の通りである。

http://shokuji.web.fc2.com/eiyokagensho.html
野菜の中の葉物はほとんど上記のデーターに近いと思います。

化学肥料を使わない野菜の味は全くと言っていいほど違います。
昔と同じ農法で野菜を作っている農家は調べればそれなりにあります。
家庭で使う野菜の半分以上は、生産者から直接分けて貰う生活もいいと思います。

11種類の休息成分配合で毎日ぐっすり!|ネムリス-nemlis

水や牛乳を加えて混ぜるだけ。簡単グリーンスムージー

福岡で生まれたおいしい美容液「毎日酵素」

 

 

広告を非表示にする